交流委員会

『期待を超える』

箕面YEGは、諸先輩の気概、勇気と情熱、行動力のおかげを持ちまして、32年目を迎えることができました。昨年は、知識と経験豊かな10名以上の新しい仲間が加わり、 一段と活気ある場となりました。本年度は、『箕面YEG Power全開』の旗印のもと、 更なる発展を目指します。 

交流委員会は、箕面YEG入会1年未満のメンバーで構成されています。入会の動機は、 それぞれですが、大別すると大きく3つです。交流を深め人脈を広げたい人。経営者とし てのスキルを磨きたい人。愛する地元箕面に貢献したい人。交流委員会では、特に「交流 を深め人脈を広げること」が実現できるよう、大きく3つの事業を行います。恒例行事で もある「箕面まつりお化け屋敷事業」では、準備期間からの活動、市民ボランティアの募 集などを通じて、深い交流、新しい交流を実現します。また、当日は、楽しいお化け屋敷 を通じ、子供たちの笑顔にふれ、地域貢献のすばらしさも実感します。フレッシュマン事 業においては、新人会員を中心に事業立案を行います。交流委員会の枠を超えた深い人脈 づくりにつながる事業を行います。また、事業を通じて、メンバーの家族や地域の方々と 想いを共有することも狙います。北地区合同例会では、委員会メンバー全員で積極的に合 同委員会に参加し、吹田YEG、池田YEGと力を合わせ、すばらしい例会を実現するとともに、箕面YEGの垣根を超える交流、発展に臨みます。

委員会活動を通じて、委員会メンバーはもとより、全メンバーが深い交流、広がる交流 を実感する活動を行います。そして、入会歴の浅い委員会メンバーが、入会動機の期待を 超えた魅力を実感し、将来の箕面YEGの中核を担う人材輩出につなげます